スーパーマネージャースクールUTグループトップレベルのマネージャーを養成する選抜型研修プログラム

「スーパーマネージャースクール」はトップレベルのマネージャーを育成するために設立されました。
講師陣はUTグループ代表やUTグループの経営トップ。
仕事を通じて常に個人と組織の成長を考え、行動できる人材の育成を行っています。
1年間かけて研修を行い、卒業者は原則としてFCマネージャーもしくは管理職に登用されます。

スーパーマネージャースクール年間スケジュール

10月応募受付11月選考12月受講者決定1月開講集合研修Web研修OJT12月最終試験

スーパーマネージャースクール第一期生座談会

「スーパーマネージャースクール」で今まさに研修中のみなさんに、
講座での貴重な体験や将来への展望を語ってもらいました。

スーパーマネージャースクール第一期生座談会

  • 佐川 幸平
    佐川 幸平 UTグループ(株)
    セールス&リクルート部門

    2014年に新卒でUTエイム入社。製造現場で勤務した後、エントリー制度によりUTグループの法人営業部門へ。

  • 平井 靖子
    平井 靖子 UTエイム(株)
    関東ブロック 市光伊勢FC

    栄養士や販売業、接客業等を経て、2014年にUTエイム入社。現在は、自動車部品の検査等の業務を担当。

  • 河原田 直也
    河原田 直也 UTエイム(株)
    東海ブロック 飛島FC

    医療業界の営業職を経て、2014年にUTエイム入社。現在は、ロケット用の資材や部品を調達する業務を担当。

  • 石井 央
    石井 央 UTエイム(株)
    北日本ブロック 郡山FC

    2014年、他の派遣会社からの転籍でUTエイムに入社。現在は携帯電話のカメラ部品の流動管理等を担当。

入学を希望したきっかけは?

  • 石井

    上を目指す気持ちはあったものの、マネージャーの仕事がどういうものかわからない状態で……。
    そんなときにスーパーマネージャースクールの話を聞いて「これはチャンスだ!」と。

  • 平井

    私も「やるからには上を目指したい」と思っていて、いろいろ学びながら確実にステップアップできる機会があるなら、ぜひ活用しようと思って応募しました。エントリー制度でマネージャーに応募することもできますが、いきなりマネージャーの仕事を任されても無理ですから(笑)。

  • 佐川

    マネージャーは現場の管理や採用、営業まで幅広く手掛ける仕事。この仕事を身につければ、どの業界でも活躍できるのではないかと思って入学を希望しました。

  • 河原田

    現場で働く中で「営業がやりたい」という思いが強くなったことがきっかけです。その希望を叶えるために、すぐ行動を起こせるチャンスがこのスクールへの入学だったんです。

入学を希望したきっかけは?

講座の内容で印象に残っていることは?

  • 河原田

    やっぱり若山社長のお話ですね。

  • 平井

    「志を強く」という言葉が印象に残っています。志を強く持つことで人が付いてくる。そして、志や自分の想いは、ちゃんと言葉にして伝えなくてはいけないって。

  • 河原田

    本当のリーダーというのは、言葉に出して行動するもの。思っているだけではダメだと。

  • 平井

    人との接し方についても学ぶことが多かったです。相手を思いやることの大切さを実感しました。

  • 石井

    私も同じですね。相手に不快な思いを与えないよう、いつもマナーについて厳しく指導されました。それから、説明の仕方という部分では、論理的に話を組み立てる「ロジカルシンキング」の講座も学ぶことが多かった。

  • 河原田

    ほかにも様々な講義がありますが、若山社長をはじめ、スゴイ人のお話を聞くだけでモチベーションが上がる。「こういう人になりたい」と思えるだけでも、このスクールは価値があると思います。

  • 石井

    他の参加者からも刺激を受けますよね。自分のために学ぶのではなく、ここで学んだことを現場のメンバーに広めたいという思いを持った人もいたり、みんな意識が高い。

  • 佐川

    講義の後にお酒を飲んでも、愚痴とかではなく、それぞれの現場の問題点とかその解決策についての話になる。みんな仕事にまっすぐで、熱い人が多いです。

講座の内容で印象に残っていることは?

受講したこと考え方や行動は変化した

  • 佐川

    仕事に対する緊張感が生まれました。成果を残すためには一秒たりとも無駄にできないという意識で、日々、仕事をするようになりました。

  • 平井

    私も「絶対にヒマな時間は作らない」と決めて仕事をしています。
    自分の担当以外にも目を配ったり、積極的にいろいろな仕事を覚えるようにしたり。
    あとは、人との接し方が変わりました。ちゃんと説明したのにミスしてしまう人がいても、それは自分の伝え方に問題があると思うようになりました。

  • 河原田

    「論理の組み立て方」を学んだことが、現場で役に立っています。様々な人の考えを受け止めながら、自分の意見に耳を傾けてもらうように話を組み立てるとか。そういった努力を重ねることで、大きな提案案件も獲得できました。

  • 石井

    これまでに学んだ中で大きかったのは「挑戦することの大切さ」。今の現場では、業務改善の提案が私にとっての「挑戦」だと考え、積極的に取り組むようにしています。

受講したことで、考え方や行動は変化した?

将来どのようなマネージャーになりたい?

  • 平井

    私の目標は、離職率を少なくできるマネージャー。困ったことがあった時に気軽に相談できて、部下をしっかりフォローできるような存在になりたいです。人を大事にしないと会社は成長できないと思うので……。

  • 佐川

    ギラギラしたマネージャーになりたい(笑)。パワフルで、多くの人に影響を与えられるような、そんなマネージャーが理想です。

  • 河原田

    仕事は楽しくやるのが一番だと思っているので、お客様にも、上司にも、部下にも、みんなに笑顔で接するマネージャーを目指したい。とはいえ、自信がなければ笑顔になれませんから、まずは自信をつけるために日々の仕事を頑張っていきたいです。

  • 石井

    上の人からは頼られる存在、部下からは目標とされる存在を目指しています。まだ足りないことばかりですが、このスクールの内容を理解できれば、その目標を達成できると思っています。

将来、どのようなマネージャーになりたい?

トップページへ戻る

UTエイム株式会社

採用担当窓口

受付時間 8:00~21:00(土日祝も同様)

0120-458-816

0120-458-816